ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

掌蹟膿胞症 ~その1

タバコをやめることなんか少しも考えていなかった。
家族にタバコをやめたらと言われることもあった。
でも、どうせ、やめるのなんか無理だし、やめたくもなかった。

大学時代から吸い始めた。
26年間、禁煙することもなく生きてきた。

4年前の出来事がタバコをやめるきっかけかもしれない。

手のひらに小さなまめのようなものができ、皮がむけていくようになった。
最初は、気にもとめなかった。
すこしずつ、それは数を増やしていった。
「手のひらにも水虫ってできるのかなあ」
そんな感じだった。
見た目にも悪くなってきたので皮膚科に行くことにした。

「しょうせきのうほうしょうですね。少し長くかかるかもしれませんよ」
「え?そうなの?」

この病気はテレビである女優が告白して全国的に知られることになったが、
当時、この病気は、治療方法もよくわからない難病であった。
「掌蹟膿胞症」(しょうせきのうほうしょう)
この病気に、さらに苦しめられていくことになる。

掌全体に、血豆のようなものができ、ものを握ると痛かった。
足の裏にもそれはできてきて歩くのも容易でなくなった。
通勤の革靴はやめてサンダルにした。
何しろ、見た目がすごく悪く、本人よりまわりが
「その手、どうしたの?」と心配した。
悪い病気と思われて、近寄ることもいやそうな人もいた。

(続く)
[PR]
by harizakko | 2005-08-08 04:17 | 禁煙