ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掌蹟膿胞症 ~その2

何度かその皮膚科病院に通っていたのだけれど、少しも改善されなかった。
職場の同僚に「もう少し、大きな病院で精密検査を受けた方がいい」
と、勧められた。
「掌蹟膿胞症」をインターネットで調べたら、その病気で苦しんでいる
人の掲示板などがあった。何年も苦しんでいる人、その病気のせいで職場を
やめた人、病院を何度も変えた人、
よくなった人の話はほとんどなかった。治療法のない難病・・そう判断された。
やがて大きな総合病院にうつってみた。
塗り薬と付け薬の処方は前と同じで、紫外線照射みたいなのに手をかざす治療が
おもだった。
医師は甲状腺の切除が有効な場合もあるということで、耳鼻科に紹介状を書いた。
耳鼻科で診察されても「様子をみる」ということだった。
病気は進行し、手足の爪が黄色くなり、変形が始まった。掌側だけでなく手の甲
側もみっともなくなった。
足の親指のつめの下にも膿胞ができているらしく、爪がはがれやすくなっていた。
ちょっと何かにぶつけただけで激痛が走り、爪の下から血が出た。靴をはくと
いたくて、ずっとサンダルだった。
通っている病院の外科で爪をとってもらった。最初は右足の親指の爪、やがて左足の
親指の爪・・。
 髪の毛が抜けるようになった。大量のふけが出るようになった。全身のいろんなところ
がかゆくなり、アトピー性皮膚炎のような感じだった。
インターネットで何度か調べていくうちに、秋田県に掌蹟膿胞症の第一任者である
前橋というお医者さんがいる病院を見つけた。
そこでの治療は「ビオチン」という薬の投与と「禁煙」であり、たくさんの人が完治
しているということが書いてあった。
「禁煙」の言葉にひっかかった。無理だ・・そう思った。でも、そこにいくしかないと
思った。
 (続く)
[PR]
by harizakko | 2005-08-09 01:20 | 禁煙