ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ニコチン依存のしくみ

「タバコが好きだからなかなかやめられない」
「タバコを吸ったあのひとときがたまらない」
と喫煙者はいいます。私もタバコを吸っていたころは
気持ちいいなあと思いながら吸っていた。
でも,薬物ってもっと怖いものなんです。
好きで吸っているんじゃなくニコチン依存症でやめられなく
なっているのです。

もう一度ニコチン依存について確認しておきましょう。

脳の神経細胞と神経細胞の間にはほんの僅かな隙間があります。
神経細胞から神経間伝達物質が出され次の神経細胞へと情報が伝達される
しくみになっているのですね。
こうして,脳は神経間伝達物質を出すことによって情報を伝えていきます。
この神経間伝達物質は「アセチルコリン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」
などです。

さて,ニコチンを吸い込むと,数秒以内に異物の侵入を防ぐ脳の関門を潜り抜けて
ニコチンが脳に達します。
そしてニコチンは神経間伝達物質と同じようなはたらきをします。だから,長期間
ニコチンが送られると,脳は神経間伝達物質を出すのをやめてしまってニコチンに
たよるようになります。つまり,脳は堕落してしまうといったほうがわかりやすい。
ニコチンが切れると,神経間伝達物質も出さなくなった脳は困ってしまいます。
落ち着かない,イライラするといった禁断症状が現れることになります。
「ニコチン」なしではうまくはたらかない脳に成り下がってしまったのです。

ニコチンは「快感中枢」に働くのでタバコを吸うと快感を感じます。
このようにしてだんだんタバコがやめられないニコチン依存症となるのです。

好き・嫌いのレベルではなく,薬物が直接,脳を侵しているのです。

禁煙をすると,最初は禁断症状に苦しむことになりますが,
やがて脳は本来のはたらきをとりもどすようになります。
そこまでの過程で「頭がボーッとする」「ねむくてたまらない」
などの症状が出ることが多いようです。
また,セロトニン不足のために「鬱」のような症状が出る場合があります。
いずれにしても脳を禁煙によってリハビリしていかなければなりません。
[PR]
by harizakko | 2005-09-01 19:54 | 禁煙