ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

喫煙という行為の依存について

<喫煙という行為の依存について>
ニコチンは依存性のある薬物であるから「ニコチン依存」となると同時に
ドーパミンを出させる快感記憶の蓄積によっての「喫煙行為の依存」となると考えられます。
 つまり身体的依存と心理的依存が存在することによって禁煙が難しいものになっているのです。体からニコチンがぬけるにはそんなにかからなくても,心理的な依存がなかなか消えないのですね。
 それに,「でしゃばりニコチン」は脳内の神経伝達物質の代わりをしていたので,禁煙すると脳の中はセロトニンなどの神経伝達物質が不足している状態が続きます。
 セロトニンは昼の覚醒作用,夜の熟睡のための作用を受け持っていたので,禁煙すると日中の眠気,夜の途中覚醒,早朝覚醒などの症状を起こします。また,セロトニンが不足するということはノルアドレナリンやドーパミンの作用を調節できませんから,情緒不安,鬱のような症状をひきおこします。これが禁煙鬱とよばれているものの正体です。
いずれ,脳は本来の働きをとりもどしますから,鬱になったからといって喫煙に走らず,お医者さんに相談するべきでしょう。

 さて,今回,脳内の神経伝達物質のことを調べたおかげでいろいろなことが説明しやすくなりました。禁煙鬱や眠気,睡眠障害などがセロトニンなどと深く関わっていることもわかりました。

<禁煙するためには>
「禁煙セラピー」を読んだら楽にやめられたという人がいます。なぜ,やめられたのか神経伝達物質のことから考えます。
禁煙セラピーでは「タバコは必要のないもの」「メリットのひとつもないもの」として説明していきます。そして喫煙者はタバコ会社にだまされている被害者だとしています。これでもかこれでもかとタバコを吸う理由を打ち消していきます。読み進めるうちに「タバコはいらないもの」との考えになります。そして,タバコをやめることはすばらしいことで,誰にでもできること,やがて空の色が変わってすばらしい時が訪れる。そのめやすは3週間であるとしています。最終章で,さあ,最後の1本を吸いましょう。と書いているところを読むともう禁煙は成功しているような気になっています。そしてすばらしい瞬間が来るのを心待ちにして禁煙日数が進んでいきます。
 さて,ここで脳はどうなっているのでしょう。苦しいはずの禁断症状も,すばらしい時をむかえるためですから,脳内は「ノルアドレナリン」ではなく「ドーパミン」が出ているのです。禁煙が楽しいというのはこういう考えができたときなのです。
 妊娠して子どもを生む母親が陣痛の苦しみを乗り越えられるのはなぜでしょう。かわいい我が子を生む瞬間を心待ちにしているからでしょう。
 実際は3週間経ってもすばらしい瞬間が訪れるわけではありません。でも,信じさえすれば空の色も変わって見えてくるものです。
 「あ~,これがアレンのいうすばらしい瞬間だ。おれはやったんだ!」と思ったりするから不思議です。
このときドーパミンが大量に出ていることでしょう。
 
でも,自分の心が洗脳できない人はどうしたらよいでしょうか。
「つらい」「苦しい」「吸いたくてたまらない」こういう考えにとらわれてしまうとストレスがたまって失敗につながってしまいます。ストレスはためないほうがいいのです。
タバコに代わる何かを見つけること・・代換え案
 別のものでドーパミンを出すことによってつらい気持ちをやわらげる。
心を静める方法を考える(お香をたく,静かな音楽を聴く)これはセロトニンを出す効果があるのではないでしょうか。
 目標を小刻みに設定し,目標達成したら自分にご褒美をやる・・楽しみを考えただけでもドーパミンは出てくるそうです。
効果的だと考えられている方法はすべて脳のはたらきで説明がつきそうです。
[PR]
by harizakko | 2005-09-06 19:27 | 禁煙