ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

あの世は分煙??

え~,みなさん,この間GさんとWさんの話を放送したことがありましたが,
それを見ていた,天国のHさんが真実を伝えにゲストでやってきてくれました。
きょうは,Hさんに天国の喫煙状況についてお話を伺います。

さて,さっっそくですがHさん,天国ではタバコが吸えるんですか?
H「実はね,天国でもタバコが吸えていました。」
司「吸えていた。・・といいますと」
H「分煙になったんです」
司「ほう,天国でも分煙ですか?」
H「ええ,天国のイメージと合わないっていうことになりましてね」
司「ふんふん」
H「吸いたい人は一度,地獄で吸ってくることになりました。」
司「地獄で吸えるわけですね?」
H「そうです。そうです。」
司「すると,天国の方は吸いたくなったら地獄にいくと・・・」
H「ところがですね,勝手に好きな時間に行かれると困るってことで」
司「はいはい」
H「時間が決められたんですね。まあサターンタイムっていうんですけどね」
司「サターンタイムですか?」
H「ところがですね,その時間帯になると地獄に煙が充満しましてね」
司「そうでしょ,そうでしょ」
H「地獄の住民から文句が出たんですよね」
司「えっ!!。文句ですか?」
H「そうですよ,あんた,地獄の人権問題にまで発展しましてね」
司「地獄にもあるんですか?人権が!」
H「そうですよ,あんた,釜ゆでの温度が高すぎたりしちゃいけないし,針山の針はさ びたのを使っちゃいけないとか,人権も保護されてきていますよ。」
司「そうなんですね。」
H「それで,話をもどしますがね。サターンタイムの間だけ,タバコがいやな人は天国に・・」
司「いけるんですか?」
H「はい」
司「で,Hさんはタバコを吸われる方?」
H「私は吸いにいく方ですよ」
司「いろいろ苦労されているんですね」
H「あまり,大きな声で言えませんがね」
司「はあ」
H「あたしってば,神様なんです。」
司「神様だあ??!」
H「しー,声がでかいよ,あんた。地獄に落とすよ,もう!」
司「失礼しました。神様でもタバコ吸われるんですか?」
H「吸っちゃ,悪いですか。」
司「いえ,そういうわけじゃないんですが,神様はタバコを吸わないんじゃないかと・・」
H「あんた,人をそういうふうに肩書きで判断するんですか?」
司「すみません,・・肩書きなんですね。神様って言い方・・。」
H「でもね,けっこう,気をつかってね。変装していくんですよね」
司「は?・・・神様,もしかして罪の意識がおありで?」
H「いや,罪の意識はないんですがね。あんまりよく思われなくてね」
司「そりゃ,そうだ」
H「何ですか?はい,あんた地獄行き決定!!」
司「自分でいったんでしょ。もう」
H「でも,悩んでいるんですよね」
司「あの~神様,禁煙する気はないんですか?」
H「へっ?禁煙?」
司「禁煙した方が楽なんじゃないんですか?」
H「そう,言われるとそうですね。ありがとう。禁煙してみますね。わたしに禁煙奨めたのはあなたがはじめてですよ。ほんとに,ありがとう」
司「神様。最初の3日がつらいかもしれませんが,すぐ楽になってきますからね。」
こうして神様は禁煙することを誓って帰っていった。
その後,地獄も敷地内禁煙となり,あの世はすべて禁煙になったとさ。
[PR]
by harizakko | 2005-09-17 02:59 | 禁煙