ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

何で屋カード工房さんへ

ハリザッコのブログへTRありがとうございます。
前にも一度トラックバックしてくださいましたね。そちらのブログでお話ししてもいいのですが,記事が1個もうかるのでここに書きますね(笑)
この記事の内容は「なんで屋カード工房」さんのブログを見にいかないとわからないと思いますので,興味のあるかたは見に行ってからハリザッコの記事をお読みください。
なんで屋カード工房さんの記事,興味深く読ませていただきました。
いろいろお話したいこともありますが,
日本における喫煙者率と肺がん死亡率の推移のグラフについて
このグラフを見て「タバコ=肺がん」という式は成り立たないとのことでしたが,
このグラフを見て確実に分かることを整理していって見ましょう。
①1965年頃より男性の喫煙率は減少してきた。
②1950年から肺がん死亡率は増加を続けている。最近,下がる傾向も出てきた。
③女性の喫煙率は横ばい状態,肺がん死亡率は少しずつ増えている。
このぐらいでしょうか。
さてこのグラフで喫煙率と肺がん死亡率を比較するのは無理があるというものです。
このグラフは肺がんの原因はたばこだということをみるグラフではありません。
リンク先のJTのサイトにも20年~30年のタイムログがあるということが書かれています。たとえば,日本の男性が今突然,全員タバコをやめたとしても,喫煙をしていたつけはこれから現れるということです。肺がんになるためには毎日20本以上のタバコを何十年も吸って細胞ががん化するのですから,「喫煙率」よりも「喫煙本数」と「喫煙日数」が関係してくると思われます。ですから,同じグラフ内に持ってくるほうがおかしい。実際に肺がんになった人を調べるのが正しい統計法でしょう。
 逆に,このグラフをみてあわてているのはJTです。タイムラグが現れて,これから肺がん死亡率が減少してくる前に,もう一度喫煙率を上昇させたいと思っているに違いありません。多くの研究からタバコが肺がんの原因になっていることは明白です。決して,タバコを悪者にしようと誰かがたくらんでいるわけではありません。ただし,10%~20%はたばこ以外の原因と考えられています。
 「マスコミによる偏った情報や誤った学校教育」によって国民が洗脳されているとありますが,本気でそうお考えですか?
 タバコが体に悪いと情報を流して,仮にそれが誤った統計やデータだとして誰が何のためにそんなことをしなければならないのでしょうか。
 WHOによると世界でタバコで死んでいく人は4百万人と試算しているそうですが,この数字も世界の人口に比べればゼロに近いのでしょうか。
 なんで屋カード屋さんは,「喫煙はそんなに健康に悪いものじゃないよ。今,出ている情報は嘘っぱちなんだから,禁煙などしないでタバコを吸おう。」と言いたいんですか。だとしたらJTにお勤めですね。
 学校で禁煙教育をするのは大事なことだと思います。決して洗脳だとは思いません。タバコで命を落としている人が現実にいるんだから,この世からタバコをなくすべきです。私は決して嫌煙活動家ではありません。喫煙者を救いたいだけなのでそこんところよろしく。
また,トラックバックなり,コメントをお寄せください。
[PR]
by harizakko | 2005-10-21 20:39 | 禁煙