ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

350日目

350日目の電車の中でこんなことを考えました。
今,ポケットの中にタバコとライターが入っていたら,乗換駅の喫煙所で何の躊躇もなく1服してしまうんじゃないかと・・・。
 いいえ,吸うわけはないんです。喫煙にストップをかける情報などたくさん準備してきたはずです。もう,だいじょうぶと思えるところまでやってきたはずなのに,どうしてこんなことを考えたんだろう。
吸いたいという欲求ではなくて吸ってしまうかもしれないという漠然とした不安だったのだと思います。

 たくさんの情報も,あたたかい心やはげましも,積み重ねてきた禁煙の日々も,ふっとかき消える隙を心の中に棲む悪魔が見張っているのでしょう。
 1本おばけとも違う感覚です。

でも,その不安は吸わない意志との裏返し・・
吸ってしまう不安があるから・・吸わないぞの気持ちを高めることができると考えたい。

 頑丈な箱に悪魔を封じ込めたけれど
 ちょっとの隙間も悪魔は見逃さない
 しだいに隙間を広げて
 脱出を試みる

 だから,チェックは忘れず行おう
 たばこをやめてよかったよね
 1本吸ったら終わりだよ
 もう2度ともどらない

 悪魔は決して死なないだろうが
 絶対,出したりしない。
 さらに頑強に封じ込めて見せる。
[PR]
by harizakko | 2006-01-31 20:34 | 禁煙