ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファイティングポーズ

リングの上には強敵と私の二人きり
敵の名前はニコチーノ=タバーコソンだ。打たれ強い上に、一度パンチがヒットすると連打してくるパワーとスピードが売り物のすごい奴。
一度は優勢になった。パンチを相手の顔面、ボディーに容赦なくたたきつけた。そしてマットに沈めた。
勝った。私はそう思った。
そして、相手から目をそらし、勝利の笑みを浮かべたときだ。

いつのまにか、ニコチーノは私の背後にいた。
「えっ」
振り向いたときにはもう遅い。
ノーガードだったわたしの顔面にストレートパンチがとんできた。
ふんばれなかった。足元がふらふらし、ガードする間もないまま
連打、連打、連打、
私はマットに沈んだ。
レフェリーの声がぼんやりと聞こえた。
「ワン、ツー、スリー・・」
負けたんだな・・力が出ない
「フォー、ファイブ、シックス・・・」
やはり敵は強かった。
そのとき、
「立て!立つんだハリ!」
声が聞こえた。そうだ。ここで負けたら、何のために努力してきたんだ。
ふらつく足で踏ん張り、私は立ち上がった。
レフェリーにファイティングポーズを見せた。
「やれるか?」
「おう!やれるとも」
敵をにらみつけた。
まずは防御だ。ガードを堅くし、パンチをふせぎながら、間合いをつめる。
逃げてばかりじゃ勝てない。
そうだ。攻撃だ。
最終ラウンドはまだまだ先なのだ。






ステータス: 中尉
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 0ヶ月 12日 9時間 0分
延びた寿命: 0日と22時間41分
節約できた金額: 3960円(節税分 2352円)
節煙本数: 247本 21.04m 道頓堀グリコのネオン
[PR]
by harizakko | 2007-02-05 05:03 | 禁煙