ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:禁煙( 202 )

攻撃は最大の防御

強敵ニコチーノに勝つためには
防御だけではだめ、攻撃もしなくちゃいけない。
この場合、防御とは・・吸いたいストレスをいかにかわすかってこと
他の作業に没頭する。歩き回る、体操をする。歯をみがく、水を飲む、フリスクを食べる。
ニコレットを噛む、etc
いろいろあるだろうね。
攻撃とはなんぞや、
これは、タバコの正体を知り、とことんタバコをきらいになること。
禁煙のメリットを見つけ、幸福な気分になること
かな?
タールで汚れた肺の写真を見たり、喫煙で肺ガンになった人の話を見たり、・・まあこれはストレートパンチだろうね。
喫煙している人を見たら「かわいそうになあ、」と自分を優位に思う。これはジャブ。
禁煙のメリットをかみしめるのはフックかな?
攻撃は最大の防御ともいうよね。
禁煙は正しい選択だったことをとことんたたき込む。
さあ、たたけ、たたけ、たたけ、


ステータス: 中尉
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 0ヶ月 13日 9時間 26分
延びた寿命: 1日と0時間33分
節約できた金額: 4285円(節税分 2546円)
節煙本数: 267本 22.77m ナガスクジラ

もうすぐ2週間だな。
[PR]
by harizakko | 2007-02-06 05:27 | 禁煙

ファイティングポーズ

リングの上には強敵と私の二人きり
敵の名前はニコチーノ=タバーコソンだ。打たれ強い上に、一度パンチがヒットすると連打してくるパワーとスピードが売り物のすごい奴。
一度は優勢になった。パンチを相手の顔面、ボディーに容赦なくたたきつけた。そしてマットに沈めた。
勝った。私はそう思った。
そして、相手から目をそらし、勝利の笑みを浮かべたときだ。

いつのまにか、ニコチーノは私の背後にいた。
「えっ」
振り向いたときにはもう遅い。
ノーガードだったわたしの顔面にストレートパンチがとんできた。
ふんばれなかった。足元がふらふらし、ガードする間もないまま
連打、連打、連打、
私はマットに沈んだ。
レフェリーの声がぼんやりと聞こえた。
「ワン、ツー、スリー・・」
負けたんだな・・力が出ない
「フォー、ファイブ、シックス・・・」
やはり敵は強かった。
そのとき、
「立て!立つんだハリ!」
声が聞こえた。そうだ。ここで負けたら、何のために努力してきたんだ。
ふらつく足で踏ん張り、私は立ち上がった。
レフェリーにファイティングポーズを見せた。
「やれるか?」
「おう!やれるとも」
敵をにらみつけた。
まずは防御だ。ガードを堅くし、パンチをふせぎながら、間合いをつめる。
逃げてばかりじゃ勝てない。
そうだ。攻撃だ。
最終ラウンドはまだまだ先なのだ。






ステータス: 中尉
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 0ヶ月 12日 9時間 0分
延びた寿命: 0日と22時間41分
節約できた金額: 3960円(節税分 2352円)
節煙本数: 247本 21.04m 道頓堀グリコのネオン
[PR]
by harizakko | 2007-02-05 05:03 | 禁煙

禁煙すごろく

禁煙すごろくっておもしろいね。

仲間とわいわい上がりをめざしてサイコロをふる。

「2回サイコロをふる」とか、「○○へ進む」はいいけれど・・

「1回休み」や「ふりだしにもどる」はあいたたた。

でも、サイコロをふり続けたら

だれでもみんな「上がり」だよ。


ステータス: 少尉
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 0ヶ月 11日 10時間 37分
延びた寿命: 0日と20時間58分
節約できた金額: 3661円(節税分 2175円)
節煙本数: 228本 19.45m フルトレーラー
[PR]
by harizakko | 2007-02-04 06:38 | 禁煙

何で売っている

吸っているときは買っていたので
大きな声では言えないが
なぜ、タバコは販売されているのだろう。
タバコはいろんな病気の原因であるし、
習慣的に吸うようになると
なかなかやめることができない
依存性のある薬物
脳内の神経に作用して
脳をなまけものにする
やっかいなしろもの・・

なぜ売っているって文句言う前に
買わなきゃいいんだろうけど・・

買ってないよ。


ステータス: 少尉
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 0ヶ月 10日 20時間 23分
延びた寿命: 0日と19時間53分
節約できた金額: 3471円(節税分 2062円)
節煙本数: 216本 18.44m 三段跳び世界記録
[PR]
by harizakko | 2007-02-03 16:52 | 禁煙

最大の難関・・飲み会

おそらく失敗するだろう。
そんなことを考えてしまう最大の難関
飲み会が今日、午後6時。

考えるだけでもうストレス。

乗り切れるか?

吸ったらどうなる?

やりなおしてはじめる?まだ9日目だし・・

ここで失敗するようじゃ、一生タバコの奴隷。

急流。

応援求む。
[PR]
by harizakko | 2007-02-02 04:57 | 禁煙

目の前の流れ

命の泉はきれいな水がこんこんと湧きでるところ。
どこまでも澄み切ったハリザッコのふるさと。

ああ でも ハリザッコは泳ぐのをやめてしまった。
汚れた海に落ちてから気がついた。
命の泉がどんなにすばらしいところだったか。
汚れた海がどんなにひどいところなのか。

もう一度命の泉にもどりたい。
ハリザッコは泳ぎだした。
そして命の泉へ通じる川を見つけ泳ぎだした。

流れはけっしてゆるやかではないが、
ひたすら泳ぐ
いつしか流れがゆるくなるまで
泳ぐ 泳ぐ 泳ぐ

遠いふるさとより
今は目の前の流れだ






ステータス: 准尉
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 8日 22時間 41分
延びた寿命: 0日と16時間23分
節約できた金額: 2862円(節税分 1700円)
節煙本数: 178本 15.21m 奈良の大仏
[PR]
by harizakko | 2007-02-01 18:45 | 禁煙

前に作った詩だけど

泳ぎ続けることは生きているということ

 ハリザッコは命の泉をめざして泳いでいました。
でも、なんかおかしいのです。
道に迷ったみたいに同じところをぐるぐる回っているようなんです。
「どうしたのかなあ。」
でも、水はひんやりと気持ちいいのです。そして水は澄み切っています。
「ここはどこなんだろう。」

ハリザッコがそう思ったとき、
どこからか声が聞こえてきました。それは天から降ってきたようでもあり、
水底からわいてきたようでもありました。

「ハリザッコや」

ハリザッコはキョロキョロ見渡しましたが、誰もいません。

「ハリザッコや わたしは 命の泉を守っているものじゃ」

「あっ そうなんだ。だとすると、僕は命の泉にたどりついたんだね。」

「そうじゃよ。」

「やったー。もう泳がなくていいんだね。」

「ハッハッハ、ハリザッコや、おまえはようがんばった。でも少し言っておくことがある。」

「なあに。」

「どうして、この泉はこんなにきれいなのかわかるかな?」

「さあ?」

「それはな、きれいな水がたえずわきだしているからじゃ。もし、仮にこの泉が汚れても
次から次へとわきだして汚れを外に追い出しているのじゃ。」

「ふうん」

「だから、もし、お前が泳ぐのをやめたら・・そうだ。ちょっと泳ぐのをやめてみろ」

ハリザッコは言われたとおり、泳ぐのをやめてみました。
すると、からだが流されていくのでした。

「ねえ、ねえ、泳がないと流されちゃうよ。」
ハリザッコは言いながらまた、もとのところまで泳いできました。

「これで、わかったじゃろ、泳ぎ続けなければならんことを・・」

「ちぇ、せっかくゆっくりできると思ったのにな。」

「ハッハッハ。ハリザッコやお前はまだ、勘違いしておるようじゃ」

「なあに」

「泳ぐのをやめるときは死ぬときじゃ。泳ぐということは生きているということなのじゃ」

「えっ そうなんだ」

いつの間にか声は聞こえなくなっていました。
ハリザッコはつぶやきました。

「泳ぎ続けることは生きているということ・・・。」


この詩は2005年7月7日に発表した詩です。
禁煙5ヶ月ごろに作った詩ですが、命の泉にたどりついても
泳ぐことをやめれば流されてしまう。
つまり、卒煙したつもりになって油断していると失敗するよ。
いつも禁煙を意識していないといけない。
という意味があるんでしょ。

それなのに、その通りの失敗をしてしまったから
笑っちゃうよね。

きょうは吸いたい度が高くニコレットを4個使用しました。
[PR]
by harizakko | 2007-01-31 18:34 | 禁煙

1週間達成

 まあ、もう4時間ぐらいあるけど、達成は確実です。
1週間、達成するとある程度自信はつきますね。後は突然やってくるストレスとか、落ち込みとかのときに「吸いたい」と思うのかどうかですね。
 ニコレットは土曜日、何も使わなかったけど、それ以外の日は3個ぐらい使っています。
まあ、きっと、使わないでもだいじょうぶだと思うけど・・。

 禁煙1年10ヶ月で吸ったタバコの味ってどんなだったかについて書きますね。
さぞかしくらくらっとくるだろうと思うでしょう。それが、全然こないんですよね。
煙が肺に入ってくる感じはあっても、脳は「気持ちいい」とか「うまい」とかは感じません。くらくらくるのは、もう少し依存するようになってからでした。

けっこう長く禁煙していると
ニコチン受容体はすぐにははたらけないのだと思います。
だから、気持ちよいとかは感じない。
タバコを吸うようになるとニコチン受容体がはたらくようになって
脳がニコチンを利用するようになる。
依存するようになってから、ニコチンが欠乏状態のときに
補充するとくらくらきたり、気持ちよく感じるのでしょうね。

長く禁煙を続けた人が喫煙者にもどるのは
やっぱり何本も吸うからなんでしょう。
自分で依存を作りあげてしまう。

でも、1本吸っちゃうと、そのときうまくなくても
後で、どうしてか吸うことになっちゃうから
やめたほうがいい。

二度とやりませんけど。
[PR]
by harizakko | 2007-01-30 18:29 | 禁煙

心の中に潜む悪魔

卒煙までの一年は、知識を得、仲間を得、楽しく泳いできた。
しかし、禁煙が順調になり「命の泉」へもたどりつき
(いや、実際はたどりついていなかった)
タバコなしで過ごすのがふつうになったときに
危険が待っていた。

心のどこかで、「もう一度あの旅を最初からやってみたい」
そんな悪魔のささやきがあったのかもしれない。

なぜ、喫煙者に戻ったのかはよくわからない。
いっしょに泳いできた人たちの信頼を裏切り
自分の築き上げてきた実績をもふいにし、
何の価値もない行動をなぜとったのか

私の心の中には悪魔がいて、死んだふりをしながら
生き返るチャンスをねらっていたのだと思う。

この悪魔は死に絶えることはないのだろう。
だからこそ、心の悪魔を常に監視し続けなければいけない。

この悪魔の監視システムを作りあげるのを
今回の課題としよう。
[PR]
by harizakko | 2007-01-29 18:23 | 禁煙

喫煙で眠くなる

あんまり喫煙したときのことは書きたくないのだが、
喫煙をはじめて3日目、職場で眠気に襲われた。
よく、禁煙をはじめたら眠くなったという人がいるのだが、
喫煙をはじめて3日目で眠くなったのはどうしてだろう。

喫煙をはじめて脳がニコチンに頼るようになってしまったのだと思う。
そもそもニコチンには覚醒作用なるものがあって、
職場で一定時間吸わないだけで、つまりプチ禁煙状態になったとき、
もうすでになまけものになった脳が眠気に対抗できないという現象がおこったのだ。

そのときに思った。
禁煙が眠気を引き起こすのではなく
喫煙が引き起こしているのだと・・

今度は脳のリハビリ・・
ちょっとした喫煙の弊害が完全回復するにはけっこう時間がかかるんだよなあ。
[PR]
by harizakko | 2007-01-28 18:22 | 禁煙