ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

サンタの贈り物

サンタクロースが空を飛んでいました。子どもたちを探すために空中で止まりますと,川が流れているのが下に見えました。
ハリザッコたちが泳ぐ川です。励まし合って泳いでいるのが見えましたので,
おやおや,がんばりやさんたちにひとつ贈り物をあげよう
とサンタは思いました。
ポケットから香水入れのような小さなビンを出し,そこに入っていた液を下の川めがけて1滴落とされました。

不思議なことに落とされた場所がパーッと光ったかと思うと,そこから下流や上流に光が広がったのです。
1本の長い長いイルミネーションができあがりました。

光の中でハリザッコたちはこんな声を聞きました。

旅する魚たちよ
あなたたちに贈り物です。
ほんの少しの勇気と
ほんの少しの自信と
ほんの少しの希望と
ほんの少しの幸せをあげましょう。

励まし合いながら旅をする者には愛を
けっしてあきらめないで泳ぐ者には力を
つらさを乗り越えてがんばる者には喜びを

ほんのすこし増やしてあげましょう。

あなたちに与えた贈り物は
あなたたちが最初から持っているものですが
心がけ一つでいくらでも大きくも美しくも
なるものですよ

いつのまにか
川はまた暗い夜にもどっていましたが,
ハリザッコたちの心には希望という灯がともっていました。
[PR]
by harizakko | 2005-11-29 20:45 |

おひさしぶりです。

みなさん、お久しぶりです。
無線のモデムが故障して、ネットできないでいました。
そうです。あの雷の日からインターネットができませんでした。
yahooのカスタマーサポートセンターに電話したら、
交換しないとインターネットできませんっていわれました。
おそくとも11月30日にモデムが届くので古いのは送り返してください。
とのことでした。
ふえーん。それまでできないよー。

ところが、きょう、雷がありました。
家にかえってモデムを見ると、
うそ!ピカピカ光ってるジャン!!

さっそくパソコンを開いたら
あら、うれし、インターネットができました。

きっと、雷のせいでもどったんだ!

事故で記憶喪失になった人が、もう一度事故にあうと
記憶がもどることがある

あれですよ、きっと!

おまたせしました。
いずみさん、がんばってますよね。
では、では。
[PR]
by harizakko | 2005-11-29 19:34 | 日記

特別講座その2

特別講座その2

特別講座といいながら、どこが特別なんだと一人で突っ込みをいれてしまいました。
今回は禁煙スタート

テンションを高めることは必要です。特に、何度も失敗している人は前回の禁煙より
テンションを上げなければいけません。これが、けっこう疲れますよね。
まず3日、ハイテンションで乗り切りましょう。

テンションを上げるために
①朝、起きたら・・朝日をあび、いい空気を吸い
  「きょうも、がんばるぞー」と吼えましょう。
②吸い魔がやってきたら、逃げるんじゃなく、立ち向かいましょう。
 サンドバックがあったら、パンチ、キックで汗を流しましょう。(あるわけない)
 吸いたい気持ちも何かのエネルギーに変えるんです。
 ダイエットかねて走るのもいいかもしれません
③禁断症状はとことん、追求する。
 禁煙するときに起こる禁断症状を克明に記録するのもいいかもしれません。
 いつでも経験できるものではありません。「お!頭がふらふらしてきたぞ!次はどうなるの?  ワクワク」などととことん楽しみましょう。
④前回やらなかったことを何かやる!同じことの繰り返しでは同じ失敗をします。
 前回やらなかったこととは、禁煙補助剤であろうが、禁煙本だろうが、何でもよい。
⑤ブログでも、何でもいい。苦しかったらネットで書き込み、だんなとけんか、
 カラオケ、好きなことに没頭
 吸わなきゃ何でも許される・・そんな気持ちで頑張れ!
 1日でも3日でもとにかく達成したら少し大げさでいい!
 自分を褒める!喜ぶ!誰かに褒めてもらう!「あしたもがんばろうと思う」

 やるしかないでしょう。
 うれしいこと。楽しいこと。素敵なことをやっているんだよ!
 必ずできる!
 絶対できる!
 あきらめるな!

 信じているからね!
[PR]
by harizakko | 2005-11-23 19:18 | 禁煙

特別講座その1

何度も失敗している人へ

あんなに楽しく禁煙できていたはずなのに、
つらい思いをしているなんて、憎い!タバコが憎い!
しかし、負けているわけにはいかない!
何度も失敗して希望を失いかけている人のために
ハリザッコは立ち上がろうと思う。
ハリザッコの言うことを聞け!!迷ってはいけない!
びしびし禁煙道、特別講座をスタートする。

その1
 <スタートするまでに・・・>
①持っていいのは自信と希望、捨てていいのは不安とタバコ 
一番継続した日数を考えてみよう。
そこまでできたんだということ。2ヶ月できたら2ヶ月、
1週間なら1週間、少なくともそこまではできた。そこまではいけるはず・・
②禁煙のメリットを確認しておこう!(禁煙したい理由もそこにあるはず)
③喫煙のデメリット?そんなものは考えなくてよい!吸えば死ぬぐらいに思っておけ!
④「たばことさよなら」の儀式を行おう!
 最後のタバコを吸いながら「タバコとさよなら」の儀式をおこなおう!
 たばこさん、いままでお世話になりました。これからはあなたなしの人生を歩みます。
 偽りの幸せを与えてくださり、健康も害してくださいました。・・
 などとよびかけがはいると効果的、たばこさんのはか(ばかでもよい)の前で線香をたくなどし てもよい(各自、工夫すること)
⑤禁煙しやすい環境をととのえておくべし
 ライター、灰皿の処分、
 歯医者にいって歯をきれいにしてもらう。等

※何度やっても同じだなどと思ってはいけない。かならず禁煙できる。
  自分を信ずることから始めよう!

次回、特別講座その2は「禁煙スタート」
[PR]
by harizakko | 2005-11-23 02:27 | 禁煙

1ヶ月目の壁

1ヶ月達成したかしないかのあたり,あるいは1ヶ月ちょっと過ぎたあたりで
1本お化けの急襲に合う人が多いですね。私の前の記事(禁煙に3つの壁あり)で紹介したことがあるのですが,実はここが3つめの壁なのです。
 ちょっと復習しましょう。禁煙を開始すると体からニコチンが抜けていくので禁断症状が起こります。3日ぐらいでニコチンが体からぬけるので,ここが苦しいですよね。
これが,第1の壁です。
 ここを乗り切ってちょっとはゆっくりできそうですが,1週間~2週間,このあたりで,第2の壁があらわれます。まだ脳がニコチンの力を欲しているので吸いたくなりますよね。
これが第2の壁です。
 さて,第3の壁はこの後,1ヶ月後ごろにやってきます。
もう,楽になったはず,順調になったはず・・そこに落とし穴が待っています。
ちょっとしたきっかけで1本お化けが最後の抵抗をしてきます。
あるいは自分で「禁煙してほんとうによかったのかなあ」などと変なことを考えるのもこの時期です。
 でも,第3の壁がやってきたあなたに「おめでとう」を言いたいのです。
これが,最後の壁なのです。もちろん,この後も,1本おばけはやってきますが,ずいぶん,かわいらしいおばけですから,ちょっと面倒みたら,あとはさよならです。
 おめでとう,ここをしのげば,禁煙はもう楽勝です。
そう考えると,今の吸いたい気持ちもいとおしく思えるでしょう?
もう,ないかもしれないんですよ。

でも、「油断」という魔物はまだあなたの心に潜んでいることをお忘れなく。
[PR]
by harizakko | 2005-11-21 20:11 | 禁煙

ハンドルネームに感謝

変なことをいうようであるが,自分でつけたハンドルネーム「ハリザッコ」が私の禁煙を推し進めてくれた。
 私の町の清水に住んでいる「ハリザッコ」は絶滅危惧種にも指定されているが,きれいな水にしか住めない小魚である。日本にはイバラトミヨ(ハリザッコ)をはじめとしてトミヨ やイトヨなどのトゲウオのなかまが生息している。
 生まれたときからタバコを吸っている人はいない。いつか,なにかのきっかけで喫煙者になったのである。ハリザッコが暗い汚れた海に迷い込み,きれいなふるさとの泉「命の泉」をめざして旅をはじめるというストーリーができあがった。上流へ上流へとハリザッコの旅は続く・・。
 さて,この「ハリザッコ」という名前,ちょっと聞き慣れないこともあって,覚えていただけるのである。「ハリザッコ」ってどういう意味ですかとたずねられることもあった。また,わざわざ調べていただいて,これこれこういう魚でした。なんてレスをもらったりしたこともある。
 苦しいとき,つらいとき,私はいろんな方にはげましてもらったけれど,「ハリザッコ」というハンドルンネームに救われたことも多い。
 物語の中のハリザッコはふるさとをめざして急流にも押し流されることなく懸命に泳ぎ続けるイメージなのだ。そのイメージに助けられたということである。

そして,そのイメージをブログにして自分の思いを書き綴ろうとしてできたのが
このブログ「命の泉へ泳ぎだそう」だった。
4月28日に開設して、よくここまで泳いできたものだ。
[PR]
by harizakko | 2005-11-20 18:42 | 禁煙

鼻づまり

鼻が悪いので慢性的な鼻づまり状態である。こんな私なのである恐怖観念にとらわれている。
 ある日,強盗が家にやってくる。そして,私を含めて家族はすべて縛られてしまう。
(ここまでは,それほど怖いわけではない。次だ。)
妻が叫ぶ「きゃー」
おい大きな声を出すな!
しょうがない,ガムテープで口をふさごう!
妻が口をふさがれる。娘もだ。
そして,私の目の前にもガムテープが・・(やめろ!やめてくれ!)
「たのむ!何を持っていってもいいから,口をふさぐのだけはやめてくれ!」
「ふざけるな !」
そうして強盗は私の口をふさぐ。
酸素の供給が10分の1になってしまう。ああ苦しい!
みるみる顔は酸欠の紫色に変色し・・私はついに死んでしまう!

これだ!口をふさがれると私は困るのだ!
強盗さん,どうか わかってください!
[PR]
by harizakko | 2005-11-19 18:43 | 健康

初雪と汚れた海と

ハリザッコが泳ぐ川に初雪が降りました。
雪が川面に吸い込まれる様は幻想的です。
寒さには強いはずのハリザッコも
身震いをしてしまうほど
冷たい緊張感があたりを包んでいました。

なぜかハリザッコは黒く汚れた海で暮らしていたころを
思い出していました。

何も知らないことは,それはそれで幸せだったのです。
自由にどこへでも泳いでいけました。
そこでは仲間もたくさんいたのです。

でも,なぜか悲しそうなのです。
ハリザッコは体の大きな魚に聞いてみました。
「ねえ,どうしてみんな悲しそうなの?」
その魚は答えてくれませんでした。

あるとき,ハリザッコは見ました。
白い腹を上にして浮かび上がっていく仲間の姿を・・

そう,この汚れた海では毎年,何匹ものなかまが死んでいく・・。
「ねえ,ここにいたらみんな死んでしまうよ」
ハリザッコは叫びました。
ハリザッコがいくら叫んでも海から出ようとする仲間はいませんでした。

ハリザッコは思いました。
「ふるさとに帰ろう! 命の泉へ」
あれから,何ヶ月経ったのだろう。いっしょに泳いでいる仲間も増えました。
力尽きて流されていってしまった仲間もいました。

もうずっと遠くに見えなくなった海のほうをちらっと見て
ハリザッコはまた泳ぎはじめました。

冷たい雪が川の中へ音もなく吸い込まれていきます。
[PR]
by harizakko | 2005-11-18 19:41 |

応援レスのススメ

ハリザッコさんのコメントに助けられたなんて聞くとうれしくて舞い上がってしまいますが,調子にのってこんな記事を書いてみます。

 掲示板に投稿してくる人への応援レス心得十箇条

①投稿者の気持ちを考えよう。
 禁煙のつらさを訴えるもの,禁煙のためのヒントが欲しいもの,禁断症状による不安の解消,定期報告,達成の喜び,過去をなつかしむ,いろいろですね。どういう気持ちで投稿しているか考えてレスしてあげましょう。

②共感してあげましょう
 禁煙でつらさを訴えている人には,「つらいでしょう。わかりますよ」「今が一番つらいときですね」など,共感してあげると,分かってくれたと楽になるものです。

③希望を持たせましょう 
「今,つらくても必ず楽になります。」「いつまでも続くわけではありません」など希望のある応援をしましょう。

④不安を解消してあげましょう。 
投稿してくる人は,自分だけが特別だろうか?いつまでこの苦しみが続くのだろうか?一生続くかもしれない。などと不安いっぱいです。そんな不安を解消してあげましょう。

⑤応援していることを伝えよう。 
 一人で禁煙しているんじゃないことを伝えましょう。あなたには私がついている。困ったときはいつでも相談にのるよという気持ちを伝えましょう。

⑤自慢話になってはいけない。
 応援レスなのに自分の自慢話になってはいけません。すこし先を歩くものという謙虚な気持ちを忘れずにコメントしよう。

⑦禁煙方法のアドバイスは慎重に 
自分に合った禁煙方法なら何でもいいのですから,それを見つけるようにアドバイスしましょう。相手の禁煙状態もよく知らないのに,いきなり,○○使ってみたらというのはちょっと早いかもしれません。

⑧喜びの報告は一緒に喜んであげましょう。
 1週間達成した。2週間達成した。という達成レスうれしいものです。おめでとうっていってあげたいものです。

⑨自分で学んだことを伝えましょう。
 禁煙の知識だけでなく,禁煙を通して学んだ心のふれあい,暖かさを伝えましょう。

⑩失敗しても責めないようにしましょう。 
傷ついている人に石を投げる人はいませんね。何度失敗してもいいんです。そうやって何度も励ましてあげましょう。決して見捨ててはいけません。

禁煙の苦しみや素晴らしさを共感することはなんとすばらしいことでしょう。
また,きょうも一人,助けを求めています。
どうか,心のこもった応援レスしてあげてください。

そういうことを書きながら、すっかり応援レスの少なくなったハリザッコです。
[PR]
by harizakko | 2005-11-17 20:05 | 禁煙

はじめての書き込み

知識は禁煙を助ける。
私は,禁煙してタバコが苦しいとき禁煙の記事を片っ端から読んだ・・。
☆禁煙して起こる体の変化
☆喫煙が引き起こす病気のいろいろ
☆依存するメカニズム
☆禁煙のメリット
☆禁煙を志した先輩の過去ログ
おせわになったのは「たばことさよなら」というホームページである。
よくできたホームページで,いろんなことを学ばせてもらった。
あるとき,あれ,ここは何かなとクリックしてみて驚いた。
掲示板なるものを初めて見たのである。
私には新しい世界だった。いろんな人たちが書き込んだり,レスしてもらったりしていた。
私には感動の連続であった。禁煙で苦しんでいる生の声,1週間達成,1ヶ月達成などの喜びの達成スレッド。そして禁煙しているのは自分だけじゃないことを感じられる瞬間だった。
それからは毎日掲示板を眺める日が続いた。
あるとき思った。どうやってここに書き込んだり,返事をもらったりできるんだろう
思い切って,投稿をした。一度投稿しても,意味が分かってなくて,同じような内容を二度も投稿してしまった。
 これが初の書き込みである。
「はじめまして,○○といいます。(最初のHNはハリザッコでなく実名に近いものだった。禁煙を始めて○日目です。(忘れてしまった)」それから,なんと書いたのだろうか?過去の禁煙を失敗したことなどを書いたと思う。
 1日後ぐらいに返事がついていた。禁煙をしていて失敗するとどうして簡単に喫煙者にもどってしまうのかなど詳しく説明をつけてくれていた。返事をもらったことでうれしくてプリントアウトして何度も読んだ。
 禁煙が苦しくて助けを求めている人はコメントの内容よりも,「あなたを応援している」
というメッセージを伝えることのほうが大事であり,うれしいことなのだ。それ以来,
私は,さほど禁煙期間も長くないのにレスをつけまくる毎日となっていった。何か質問があったりすると,ネットで調べてレスしてあげたりした。
 たばことさよなら掲示板の常連となっていた。レスのついていない人には必ずレスをつけた。少なくとも禁煙失敗するまではそんな感じだったかな。
 このブログをはじめる前の出来事である。
 
[PR]
by harizakko | 2005-11-15 02:35 | 禁煙