ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

喫煙列車

※バックナンバーからはりつけ・・

飲み会があったので、帰りに終電に乗った。
途中でうとうとして、刺激臭で目が覚めた。タバコのにおいだ!!
自分の座っているところから進行方向に3Mほど離れたところでタバコを吸い始めた奴がいる。どっかのじいさんだ。
『おい!それはないだろう!今じゃマナー違反どころか犯罪行為だ!』
俺は注意をしにいこうと立ち上がりかけた。
すると、何と今度は逆の方向からタバコのにおいがした。
『うそだろう!つられて吸い始めた奴がいるのか』
そちらをふりむくと50代ぐらいのおばさんだ。
こういう場合、どう注意していったらいいんだ?一人ずつ片付ける?
しかし、とうとう3人目が吸い始めた。
『はあ?もしかして喫煙車両なのか?でも、おかしいな。喫煙できる車両なんてあったかな?』
すると、いきなりとなりのじいさんが話し始めた。
「あっちの右側でタバコ吸っている人な・・あいつはすでに死んでいる」
『はあ?いきなり何言っているんですか。このじいさんは・・北斗の拳でもあるまいし』
俺はこのじいさんを見た。ぞっとした。目に光が無いのだ。暗い海の底よりさらに暗い目をしているのだ。まわりの人間を見た。このじいさんと同じ目だ。死んでいるような目をしているのだ。
「あいつは、肺気腫で去年の10月に死んだ。そして、あっちのばあさんな・・」
「あのばあさんは、咽頭ガンで死んだ」
俺は声を失った。
『すると、何、幽霊なのか?俺は幽霊に囲まれているのか?』
車両には俺以外に7人いるが、そういえば、みんな精気のない顔をしている。
いつのまにか煙が7本立ち上って、俺は副流煙でくらくらしてきた。
不思議と怖い感じはしなかった。ずーんと深い悲しみで満たされているといった方が近い。
いつの間にか、7人は俺の周りに集まってきていた。
「何を・・したいのかな?」俺はぼそっと口を開いた。
「話を聞いてもらいたい。俺達はタバコのせいで死んだ人間だ。あんたに俺達の話を聞いてもらいたいのさ」となりのじいさんが言った。
「分かった。その前に俺にタバコをくれ」
おれはタバコをもらってそれに火をつけた。
「吸いたいからじゃないからな、これを線香がわりにするんだ」
たまたま、飲み終わった缶ジュースの缶があったので、それにはさみこんだ、煙がたちのぼった。
ひとりずつ話し始めた。話し終わると涙を流してありがとうと言った。
「天国は、禁煙だから吸っちゃダメだぞ」そう言ってやったら、すっと消えてしまった。
ひとりずつ話をしては消えていった。
最後にとなりのじいさんが残った。このじいさんは肺がんで死んだということだった。
線香代わりのタバコが燃え尽きると、じいさんも消えてしまった。
車両にはタバコの香りしか残っていなかった。

車掌のアナウンスが聞こえた。それで目が覚めた。
夢だった。なんでこんな夢を見たのかな?
ブログネタを考えるのに疲れてきたのかな。
そんなことを考えながら列車から降りた。
[PR]
by harizakko | 2006-07-30 05:36 | 短編小説

宇宙人との交渉

※バックナンバーからはりつけました。

【シーン Ⅰ】
SM69星雲からやって来た宇宙人はいきなり地球にこんなメッセージをよこした。
「地球人の皆様,よく聞いた方が肥だめだ。我々はおまいらを攻撃する!おまいらの攻撃用の屁息(へいき)はすべて調べ上げてある。」
地球の宇宙対策本部はじめ地球上は大騒ぎになった。
宇宙対策本部のウホホ隊長は宇宙人と何とか和解しようとした。何しろ,宇宙人達は人間の理解を超える宇宙船を乗り回し,見たこともないスピードで空を飛び,宙返りをし,変形し,消えては現れて見せたのだ。そしておまけにアメリカの自由の女神の像を一瞬で色つきにしてしまったのだ。これだけを見ても宇宙人の科学力高さは地球をはるかに上回っている。
 降伏するしかない。勝てるはずもないのだ。
ウホホ隊長は無線機をにぎりしめて言った
「宇宙人様,どうか攻撃だけは,かんべんしてください。そもそもなぜに,地球を攻撃なさるのですか。」
「地球人どもよ,おまいらは宇宙の親知らずだ。(つらよごしだ?)」
宇宙人も人間の言葉を理解しきってはいないようだ。時々意味不明のことを言う。
しかし,つっこみをいれたら最後だ・・。
宇宙人は続ける。
「戦争をしたり,互いに殺し合ったりする・・そういう生命体はこの宇宙からハイジする。」
「まってください,宇宙人様,地球人でもいいところはあります。交渉人レベルで話し合いしましょう。」
「交渉人?ふっ,宇宙人にも五分のたましいともいう。いいだろう,交渉人を出せ,
とびきりのかわいこちゃんだぞ,プーップーップーッ」
「切れてしまったか・・」
困ったことになったぞ。
ウホホ隊長は宇宙人がよもやかわいこちゃんを交渉人として要求してくるとは思わなかったのだ。
 地球の誰を交渉人にしたらよいものか・・・。

【シーン Ⅱ】

 地球人から選ばれたのは才色兼備のかわいこちゃん
デシフォンヌ=ベラウザ=ドゥ=パラウェイだ,名前が長いので,ここではミドリと呼ぶことにしよう。
 さてミドリは地球防衛軍から宇宙人を怒らせないないよう指導を受けてきた。サンライトビルの103階の一室で宇宙人を待っている。
 しばらくして宇宙人がやってきた。宇宙人も一応,地球人に姿を変えて驚かさないようにと気をつかったのだ。
ミドリはありったけ地球人のよさをアピールした。やさしい心をもっている人がたくさんいること,そして自然や生命を愛していること・・
「なるほど,我々は少し地球人を誤解していたのかも知れない。」
「宇宙船に帰って報告すると使用中」
ふーっ なんとか やくめを 終えたわ これで救われる!!ミドリは思った。
体の力が抜けるようだった。
でも,もう一押しが必要ね!!
ミドリは何を思ったのかハンドバックからタバコを1箱取り出した。
そして宇宙人に
「いらいらしたときに気持ちよくなるわ,どうぞ」と渡したのだ。
宇宙人がいらいらするかどうかはわからないが
タバコを渡したことで事態は急展開を見せることになる。

【シーン Ⅲ】

「もう終わりだ」
ウホホ隊長は思った。まったく何て事をしてくれたんだ。この娘は・・。
地球人の命はこれでおしまいだ。
 宇宙人は,科学力をもってタバコの成分を調べるだろう。当然,ニコチンが毒物であることを知るに違いない。そうすれば終わりだ・・何もかも・・。
地球人のみんなにはこの娘が最後にタバコを渡したことはだまっていよう。パニックになるといけないから・・はあ,それにしても・・。

ミドリはウホホ隊長が浮かない顔をしている訳がわからない。
今更,この娘に何を言ったってしょうがない。

 宇宙人がどんな結論を出すか考えるとウホホ隊長の顔はさらに曇るのであった。

【シーン Ⅳ】

宇宙人の乗っている宇宙船
 宇宙人A「まったく,ばかな地球人だ。こんなもので我々を滅ぼそうと考えているのだろうか」
宇宙人Aはテーブルの上にタバコの箱を転がした。
 宇宙人B「そうですよね。この中に依存性のある毒物が含まれていることは調査済みだというのに・・」
 宇宙人C「あぶなく,地球人を信用するところでした。これで決まりですね。」
宇宙人D「早く,地球人を皆殺しにして,この星に移住しましょう。そうすれば,バッタリ病で苦しむ我々も生き延びることができます」

実はこの宇宙人達は自分達の星でバッタリ病という病気がはやり,その原因がつかめていなかった。そこで,自分達の存亡をかけ,地球にやってきていたのだ。宇宙人は最悪の場合,地球を乗っ取るつもりだったのだ。

 宇宙人A「おい,研究班,報告をしてくれ」
研究班の一人「はい,A様,地球人の食料はすべて調べました。・・が特効薬となるべき物質はまだ,見つかっていません。ですから,特効薬を調べる作戦は進んでおりません。」
 宇宙人A「ふむ,やはり地球を占領してから移住する計画のほうがいいかも知れない。できれば,特効薬を見つける作戦がよかったのに・・」
 宇宙人Aは,ふと,テーブルの上の箱に目を向けた。そして何か思いついたように叫んだ。
「おい,研究班,このタバコの中身は調べたのか?」
「あ,いや毒物までは調査していませんが・・・」
「ばかもん,地球人には毒でも,我々には薬になるかもしれん!」
「はい!,すぐに調べることにします。」

【シーン Ⅴ】
 
 宇宙人の研究班がタバコの成分ニコチンを調べると,まさにそれはバッタリ病の特効薬だったのだ。宇宙人達は喜んだ,そして自分達の星では存在しないニコチンが地球でのみ生産されることを知ったのだ。
 地球上のタバコをすべていただくことにしよう。宇宙人Aはにやりとして言った。
 恐るべきタバコ狩り計画が行われた。
「地球人よ,よく聞け,我々はおまえ達を攻撃はしない! しかし,我々は大量のタバコを必要としている。地球上のすべてのタバコ,また,タバコの原料となるもの全てをいただくこととする。灰皿の中のシケモクの長いのもすべて差し出すこと!」
 地球人はこの要求をのむしかなかった。そして攻撃されずにすんだことを喜んだのだった。
  しかし,タバコを全て没収されてからが大変だった。
喫煙者たちは強制的に禁煙を余儀なくされた。畑に栽培されていたタバコの葉も全てもっていかれたものだから,新しくタバコができるまでは少なくとも半年かかることになった。

 宇宙人の星では大量のニコチンを活用して本格的に治療が進められ,完全にバッタリ病が姿を消すことになる。

さて,地球では,半年たって,タバコが吸える時が来た。
しかし,せっかく禁煙したのからというので再び喫煙者にもどる者はごく少数だった。
しかも,タバコの吸える場所もほとんどなくなり,まわりから白い目で見られるので,
喫煙を開始しても,すぐに吸わなくなるのだった。
地球上から,喫煙する者がいなくなるまで5年とかからなかったのだ。【完】
[PR]
by harizakko | 2006-07-24 18:59 | 禁煙

禁煙の落とし穴

禁煙が順調になってくると、やったー俺も禁煙できたーってうれしくなりませんか。
私はうれしかったなあ。
でも、禁煙の落とし穴はここから始まるんですよね。
喜びはやがて自信につながります。
「禁煙、だいじょうぶ。もうだいじょうぶ。」
そこまではいいんですけど
だんだん楽になってくると
勘違いする人がでてくる
「禁煙、わりとかんたんだったなあ」
「これなら、またすぐにも禁煙できるぞ」

はい!ここが禁煙の落とし穴です。

1本吸ってもだいじょうぶだろう
ごほうびにちょいと1本

これで、いったい何人の人が失敗したことか。
そして失敗した後は、二度目はさらに難しくなっているんです。

何度も失敗すればするほど禁煙の落とし穴は大きくなっていきます。

禁煙が順調な人は
「二度目はない」(あるいは3度目)と思ってくださいね。
[PR]
by harizakko | 2006-07-21 04:47 | 禁煙

最後の のぞみ

「532号にはとびっきりのタバコを用意してやろう。」

佐藤はそう考えた。佐藤はここNBN刑務所に勤務する看守である。
地位も高く上官として働いていた。
佐藤は喫煙者である。ここNBN刑務所も完全に分煙化され,いささか窮屈
になった。近々敷地内完全禁煙になる動きもあるようだ。

532号は死刑囚である。服役前はかなりの極悪人だったが,今ではすっかり
改心している。ときおり涙を流し,自分の罪を悔いていた。
しかし,532号はまもなく死刑が執行される。

佐藤は,532号が何よりのタバコ好きだと知っていた。
しかし,当然,囚人に喫煙の権利などあるわけはない。
おのずから禁煙をするはめになるのだ・・。

模範囚だった532号には最後の望みをきいてやろう。
佐藤は532号の最後の望みはタバコに違いないと考えていた。

最後のときが近づいてきた。
後ろに手を組まれた532号は顔を下に向けたままだった。

「532号,おまえの最後の望みをきいてやろう。何が望みだ?」
532号はふっと顔をあげた。
「何もいらないさ。だんな。」
そうかも知れない・・今更あれがほしい,これがほしいと言える状況でもない。

「ほら」
佐藤は532号の手に1本のたばこをそっと渡してやった。

少しの間,そのたばこを見つめていた532号はおだやかな顔を
して佐藤を見つめてこう言った。

「せっかくですが,だんな・・。やっと自由になれたんです。この1本を
 吸っちまったら,あの世でまた苦しい思いをしなければならないんで・・」

佐藤は思った。
「あの世も禁煙になっているのか。」と・・

532号の刑は執行された。

その後,佐藤の禁煙が始まったのは言うまでもない。

(完)

※バックナンバーから引っ張り出してはりつけました。
 もし、自分が死刑囚で、処刑前だったら・・・・・・
 吸うでしょ!!ごめん!!!!!!・・・・・
[PR]
by harizakko | 2006-07-15 05:30 | 禁煙
値上げを機にタバコをやめようと思ったあなた。
この機を逃さず禁煙してください。
今まで、自分の健康を害してきたこと、まわりへ迷惑をかけていたこと。
ポイ捨てなどやって罪悪感をもったりしてましたね。

それでも、やめれないで、何かを待っていました。

背中をポンと押してほしかったのでしょう。

「値上げ」がそれです。

本当は、お金を払うのがいやなんじゃないんでしょう。

お金を払うのがもったいないと言い訳して

タバコをやめたいんでしょう。


知っていますよ。

いい決断でした。

すっぱりやめましょう。
[PR]
by harizakko | 2006-07-04 05:49 | 禁煙