ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

前に作った詩だけど

泳ぎ続けることは生きているということ

 ハリザッコは命の泉をめざして泳いでいました。
でも、なんかおかしいのです。
道に迷ったみたいに同じところをぐるぐる回っているようなんです。
「どうしたのかなあ。」
でも、水はひんやりと気持ちいいのです。そして水は澄み切っています。
「ここはどこなんだろう。」

ハリザッコがそう思ったとき、
どこからか声が聞こえてきました。それは天から降ってきたようでもあり、
水底からわいてきたようでもありました。

「ハリザッコや」

ハリザッコはキョロキョロ見渡しましたが、誰もいません。

「ハリザッコや わたしは 命の泉を守っているものじゃ」

「あっ そうなんだ。だとすると、僕は命の泉にたどりついたんだね。」

「そうじゃよ。」

「やったー。もう泳がなくていいんだね。」

「ハッハッハ、ハリザッコや、おまえはようがんばった。でも少し言っておくことがある。」

「なあに。」

「どうして、この泉はこんなにきれいなのかわかるかな?」

「さあ?」

「それはな、きれいな水がたえずわきだしているからじゃ。もし、仮にこの泉が汚れても
次から次へとわきだして汚れを外に追い出しているのじゃ。」

「ふうん」

「だから、もし、お前が泳ぐのをやめたら・・そうだ。ちょっと泳ぐのをやめてみろ」

ハリザッコは言われたとおり、泳ぐのをやめてみました。
すると、からだが流されていくのでした。

「ねえ、ねえ、泳がないと流されちゃうよ。」
ハリザッコは言いながらまた、もとのところまで泳いできました。

「これで、わかったじゃろ、泳ぎ続けなければならんことを・・」

「ちぇ、せっかくゆっくりできると思ったのにな。」

「ハッハッハ。ハリザッコやお前はまだ、勘違いしておるようじゃ」

「なあに」

「泳ぐのをやめるときは死ぬときじゃ。泳ぐということは生きているということなのじゃ」

「えっ そうなんだ」

いつの間にか声は聞こえなくなっていました。
ハリザッコはつぶやきました。

「泳ぎ続けることは生きているということ・・・。」


この詩は2005年7月7日に発表した詩です。
禁煙5ヶ月ごろに作った詩ですが、命の泉にたどりついても
泳ぐことをやめれば流されてしまう。
つまり、卒煙したつもりになって油断していると失敗するよ。
いつも禁煙を意識していないといけない。
という意味があるんでしょ。

それなのに、その通りの失敗をしてしまったから
笑っちゃうよね。

きょうは吸いたい度が高くニコレットを4個使用しました。
[PR]
by harizakko | 2007-01-31 18:34 | 禁煙

1週間達成

 まあ、もう4時間ぐらいあるけど、達成は確実です。
1週間、達成するとある程度自信はつきますね。後は突然やってくるストレスとか、落ち込みとかのときに「吸いたい」と思うのかどうかですね。
 ニコレットは土曜日、何も使わなかったけど、それ以外の日は3個ぐらい使っています。
まあ、きっと、使わないでもだいじょうぶだと思うけど・・。

 禁煙1年10ヶ月で吸ったタバコの味ってどんなだったかについて書きますね。
さぞかしくらくらっとくるだろうと思うでしょう。それが、全然こないんですよね。
煙が肺に入ってくる感じはあっても、脳は「気持ちいい」とか「うまい」とかは感じません。くらくらくるのは、もう少し依存するようになってからでした。

けっこう長く禁煙していると
ニコチン受容体はすぐにははたらけないのだと思います。
だから、気持ちよいとかは感じない。
タバコを吸うようになるとニコチン受容体がはたらくようになって
脳がニコチンを利用するようになる。
依存するようになってから、ニコチンが欠乏状態のときに
補充するとくらくらきたり、気持ちよく感じるのでしょうね。

長く禁煙を続けた人が喫煙者にもどるのは
やっぱり何本も吸うからなんでしょう。
自分で依存を作りあげてしまう。

でも、1本吸っちゃうと、そのときうまくなくても
後で、どうしてか吸うことになっちゃうから
やめたほうがいい。

二度とやりませんけど。
[PR]
by harizakko | 2007-01-30 18:29 | 禁煙

心の中に潜む悪魔

卒煙までの一年は、知識を得、仲間を得、楽しく泳いできた。
しかし、禁煙が順調になり「命の泉」へもたどりつき
(いや、実際はたどりついていなかった)
タバコなしで過ごすのがふつうになったときに
危険が待っていた。

心のどこかで、「もう一度あの旅を最初からやってみたい」
そんな悪魔のささやきがあったのかもしれない。

なぜ、喫煙者に戻ったのかはよくわからない。
いっしょに泳いできた人たちの信頼を裏切り
自分の築き上げてきた実績をもふいにし、
何の価値もない行動をなぜとったのか

私の心の中には悪魔がいて、死んだふりをしながら
生き返るチャンスをねらっていたのだと思う。

この悪魔は死に絶えることはないのだろう。
だからこそ、心の悪魔を常に監視し続けなければいけない。

この悪魔の監視システムを作りあげるのを
今回の課題としよう。
[PR]
by harizakko | 2007-01-29 18:23 | 禁煙

喫煙で眠くなる

あんまり喫煙したときのことは書きたくないのだが、
喫煙をはじめて3日目、職場で眠気に襲われた。
よく、禁煙をはじめたら眠くなったという人がいるのだが、
喫煙をはじめて3日目で眠くなったのはどうしてだろう。

喫煙をはじめて脳がニコチンに頼るようになってしまったのだと思う。
そもそもニコチンには覚醒作用なるものがあって、
職場で一定時間吸わないだけで、つまりプチ禁煙状態になったとき、
もうすでになまけものになった脳が眠気に対抗できないという現象がおこったのだ。

そのときに思った。
禁煙が眠気を引き起こすのではなく
喫煙が引き起こしているのだと・・

今度は脳のリハビリ・・
ちょっとした喫煙の弊害が完全回復するにはけっこう時間がかかるんだよなあ。
[PR]
by harizakko | 2007-01-28 18:22 | 禁煙

腹痛に襲われました

きのう、何も起こらなかったとブログに書いたけど、夕食後の午後9時半ころより、腹痛に襲われました。2分ごとに、波のうねるように腹が痛くなって、それでも、休もうと思って、床についたけど眠れません。痛くって痛くって・・
結局、奥さんに救急病院に連れていってもらいました。
静脈注射をしてもらったら、そのとき痛みが和らいだので、いいかなと思ってたら、家についたころまた痛くなってきて、おまけに吐きました。
吐いた後も痛みは止まず、なかなか眠れませんでした。
でも、気が付いたら朝になっていて、痛みもおさまっていました。
食べすぎか、消化不良だと思いますが、大変でした。
[PR]
by harizakko | 2007-01-28 10:26 | 日記
きょうは休日なので、ストレスとかない日、
だからニコレットなしですごしてみようと思いました。

何かあったらすぐニコレットを噛む準備だけはして・・

で、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何も起こりませんでした。
あー、つまらない。
何か起こったらブログに書こうと思ったのに・・。

すこーし、タバコ吸いたいかななんて思ったけど・・。

だいじょうぶだった。
[PR]
by harizakko | 2007-01-27 20:02 | 禁煙
ハリザッコはようやく川をみつけました。
でも、川の水が海に流れ込むその場所は流れが速く
なかなか入ってはいけません。
強い流れとともにもどされるのでした。
「こんな場所あったかなあ」とハリザッコは思いました。
一度通ったところだということは覚えていますが、
実際、こうも苦労するところだということを忘れていたのです。

何度か挑戦しながらハリザッコは思い出しました。
命の泉へ向かったあの1年間、
たくさんの仲間と一緒に泳いだこと・・
励ましたり、励まされたり・・
強い流れに押し戻され、くじけそうになったこと・・
途中で流されていった仲間もいた。
いっしょに喜びあった仲間もいた。
やさしい言葉をかけてくれた仲間もいた。

忘れちゃいけなかった。
「すまない。みんな。」
ハリザッコは泣きました。
涙が止りませんでした。
こんな大切なこと・・忘れちゃだめだった。

最後の力をふりしぼって川に入ったとき
ハリザッコは思いました。
「もう一度命の泉へたどりつこう」
「今度は二度と忘れるもんか。」
目の前には長い長い川が待っています。
[PR]
by harizakko | 2007-01-27 05:44 | 禁煙

汚れた海からの出発

ここはどこ?
ハリザッコは暗い海の底で考えます。
そうか、海に来たんだな。
どうしてこんなところに来ているのかよくわからないのです。
海の底の流れに身をまかせているうち、
自分の存在さえ忘れてしまいそうになりました。
暗い海の中はひどいありさまです。
プランクトンの死骸、きたないどろ・・
大きなこわい魚が、小さな魚をおそっています。
ここは命の泉から遠く離れた汚れた海の底の底

生暖かい海の流れがハリザッコを右へ左へただ動かしているだけです。

でも、こうしてはいられない。
きれいになった体がまたすっかり黒くなったけど
泳ぎ出さないと始まらない。

よし、行こう!
ハリザッコは思いました。
少しずつでも、前へ前へと進んでいけばいつかたどりつけるはず。

遠い遠い命の泉を思い浮かべ
体に力を込め泳ぎ始めました。
[PR]
by harizakko | 2007-01-26 18:41 |
考えてはいけないこと。それが
「今吸ったらどんなに気持ちいいだろう。」
それを考えたとたん、つらさってどんどん増してくるもの。

そんなときは今の状態を文章にするとどんな感じかなと考えるのだ。
そうすると、不思議にどうにもなっていないことに気付く。
頭がいたいわけではない。お腹がいたいわけでもない。
苦しくって倒れそうでもない。
なんともない。
こんなの文章にできない。
もうちょっと禁断症状がでてきたら文章に書けるのになあ。
そう思うとすっと乗り切れる。

つまり思考のすりかえ。
行為を考えるのではなく症状を考えるのがいいみたい。

「吸えない」のではなく「吸わない」
[PR]
by harizakko | 2007-01-26 06:48 | 禁煙

手編みのセーター

手編みのセーターのほころびに気がつかなかった。
だんだん糸がほどけてきた。

もうもとにはもどらない
どんどんほどけてきて
役にたたないしろものになった。

それでも、大事なものだから
捨てるわけにもいかないよ

糸がほどけた手編みのセーター
どうしましょう。

いっそ、全部ほどいちゃって
新しく編みなおしましょう。

前よりすてきなセーターできるかも


※禁煙2日目です。このブログに告白したら不思議に禁断症状も軽く感じます。
タバコ吸ってたときは禁煙したくてもできなかったのに不思議ですね。
応援してくれる皆さん、本当にありがとう。力になってます。
やはり、禁煙は「覚悟」なのでしょう。「吸わない覚悟」ができたとき禁煙は進むのだと思います。
今日もニコレット3個使用しました。
[PR]
by harizakko | 2007-01-25 21:07 |