ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2人の受刑者

ここはテネシー州ジョンションシティーにある更正施設
監房には二人の受刑者がいた。
ジョン(仮名)とテッド(仮名)
ジョン「おい、テッドおれはどうしても吸いたいんだ。どうしてここは禁煙なんだ。なあ、おれはたばこを吸うためならなんだってできそうだ・・。」
テッド「ジョンよ、おれもだ。もう吸わないで1週間たつ。吸いたくて吸いたくて頭がどうにかなりそうだよ。」
ジョン「おい、やっちまおうぜ。」
テッド「やっちまうって何を?」
ジョン「看守を襲って人質にするんだ。そしてたばこを要求するのさ。」
テッド「おい、そんなことしたら・・」
ジョン「なあに、おれらはどうせ人を殺しているからこれ以上いい子にしていたって刑は軽くはならねえ、それよりもたばこを1服してえとは思わねえか?」
テッド「吸いてえよ」
ジョン「だったら・・・・(作戦会議)」

凶行

2月26日午後2時35分 監房
ジョン「おい!看守!大変だテッドが口から泡ふいて苦しんでいる!来てくれ!」
ジョンの声に看守のスチュアートが鍵を開けて入ってきた。
そのとき、後ろからジョンがスチュアートを羽交い締めにした。
テッドは隠し持っていた食事用のフォークを看守ののどのあたりにあてがった。
「おまえら・・何を!脱獄でもするつもりか?」
「うるせえんだよ!だまって歩け!」
監房からのドアを開けさせ二人は看守を連れて面会室に入っていった。
ドアに机をあてがい、開かないようにした。

騒ぎに気づいた別の看守が叫んだ
「おまえら、何が望みだ」
「たばこだ!」
「!?!」
「たばこを持ってこい!」
・・・・・・・・
「たばこの他には何が望みだ!」
「何も・・吸ったらもどるぜ」
「持ってこなかったら、この看守を殺すぜ!」

看守たちはこの2人の受刑者の要求をのむしかなかった。

2月26日テネシー州の更正施設で看守を襲い、人質にしてたばこを要求した受刑者がいた。
32歳と25歳の男性受刑者で、この二人の受刑者はたばこを吸うと自ら監房にもどったという。6時間に及ぶ騒動だった。


私のブログに来たトラックバックのニュースをみて、想像してみました。
タバコ欲しさの凶行ですな。
タバコは麻薬です。
[PR]
# by harizakko | 2007-03-06 04:35 | 短編小説

娘の卒業式

娘の卒業式でした。

土曜日の午後は高校3年の娘の卒業式でした。
校長の話や来賓の話の最中、眠くてたまらなかったけど
卒業生の代表の話、感動しました。3年間を振り返り、
最後に父母に感謝の気持ちを伝えるあたり、
涙が出てきました。
娘ももうすぐ大学生
家の中には妻と犬しかいなくなって
さみしくなります。

式が終わって、娘は友達と3人でデパートやら外食やらで
エンジョイする予定とのことで、
妻が送っていきました。
私も乗ると窮屈だということで
私は高校から、30分ぐらい歩いてPachinko屋さんに行きました。
りっぱなスーツ姿なので
かえって恥ずかしいです。
ちょっともうけさせてもらいました。

ステータス: 大将
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 1ヶ月 11日 11時間 4分
延びた寿命: 3日と0時間20分
節約できた金額: 12627円(節税分 7501円)
節煙本数: 789本 67.08m オペラハウス
4万円ぐらいです・・。
[PR]
# by harizakko | 2007-03-04 07:05 | 日記
d0037269_4514920.gif




久しぶりにハリザッコのことを書いてみます。
といっても私のことではありません。魚の「ハリザッコ」のことです。
正式な名前は「イバラトミヨ」といいます。きれいな湧水とかの環境で生きている小さな魚です。氷河時代からの生き残りともいわれていますが、今は絶滅危惧種に指定されています。この魚は巣作りする魚としても有名で、巣の中で子育てをします。
 私のふるさとには湧き水が多く、たくさんの清水があります。私が小さい頃はハリザッコがふつうに生息していましたが、今ではめっきり姿を見せなくなりました。最近では「ハリザッコを救え」という運動が起こって保護するようになってきました。
 ハリザッコはきれいな水にしか住めない魚です。いわばクリーンな環境の生物・・そこに禁煙のクリーンな世界をだぶらせるのです。喫煙してしまった私は、いわば汚れた海に迷い込んだ1匹のハリザッコです。ふるさとのきれいな泉をめざして旅をするイメージで私の禁煙が始まりました。
 最初は誰もがクリーンな世界の住人でした。それがいつのまにかたばこを吸うようになり、心の底ではたばこを吸わなかったころにもどりたいと思っている人も大勢いるんでしょう。
 きれいな水にしか住めないハリザッコはふるさとの命の泉をめざすしかありません。そこはすばらしいふるさと、キラキラと光り輝く命の泉です。
 禁煙にクリーンなイメージ、喫煙にはダークなイメージをもつことは必要なことだと思います。自分の歩む道が希望へと続いていると・・それが原動力になるのだと思います。
 禁煙は「希望」「喜び」「清潔」「健康」「自信」「やさしさ」「光」「平和」「団結」「友情」「愛」「勇気」「安心」・・・いくらでも出てくるプラスのイメージです。


追伸
 魚の絵は、幻覚症状掲示板という掲示板で使われているキャラクターの絵です。
管理人様がわざわざ私のために用意してくれた絵です。すごーく感謝しております。
禁煙がんばります。
[PR]
# by harizakko | 2007-03-03 04:52 | 禁煙

40日達成

いや、別に40日なんて中途半端な日数、うれしくもないんだけどね。

書くことがないから、そうしただけ、

さてさて大きな山もなく過ごしてきたけど

仕事のほうでやる気が出ない。

なんとなく1日すぎていく。

うつっぽいのかなあ。

何かこうパーッ

と楽しい

ことと



ないかなあ。

d0037269_5515724.jpg
ステータス: 大将
卒煙日: 2007年 1月 23日
卒煙からの日数: 0年 1ヶ月 9日 9時間 50分
延びた寿命: 2日と20時間35分
節約できた金額: 11971円(節税分 7112円)
節煙本数: 748本 63.6m トイレットペーパー
[PR]
# by harizakko | 2007-03-02 06:01 | 禁煙

初期消火のススメ

たばこが吸いたいっていう気持ちは元喫煙者が持っている火種
ちょっとしたことで火がつくんだね。
でも、よくよく見てみれば本当にささいなことだったりする。
火がつくと、だんだん火が燃え出すけれど、それを大きくしているのは自分の脳にある「増幅装置」
 だから出火原因をよく考えてみてほしい。つきつめれば、ほんのわずかなたばこを吸ったことの記憶なんだね。思わず笑っちゃうぐらいの小さな火種だ。
小さな火種のうちに「吸わないって決めたもん」の水をじゃーっとかけてやればよろしい。

ところが、火をちゃんと消さないでいると、燃え広がって大火災になる。
こうなってはもう止められないね。

だから、火がついたら初期消火!
これを徹底すること。

飲み会で吸いたくなる人は出火することが分かっているんだったら
その前に消しておこう。
火種をしっかり消しておくことだね。
飲み屋の玄関前で「私は吸いませんから」と宣言し
飲み会が始まっても「灰皿は要りません」と片付けて
さっさと消火しちゃいましょう。

夫婦喧嘩が始まったら。
「たばこを吸わないけど、あなたってなんて人なの」
ここがポイント
喧嘩が本格的になる前に「たばこを吸わないけど・・」と消しておく(そんな奴いる?)

仕事が忙しくなってきてストレスがたまりそうなときでも
「たばこを吸わないけどストレスがたまってきたなあ」
とぼやく・・。

暇になって手持ち無沙汰でも「吸わないけど暇だなあ」

火種を燃やさないように・・

初期消火が一番!!
[PR]
# by harizakko | 2007-02-28 04:13 | 禁煙

吸いたい気持ち増幅装置

朝4時に目が覚めて、禁煙掲示板だのブログだのながめたり、書き込んだりしていて、トイレに行きたくなった。大きい方だ。いつも大きいほうをするとき、新聞を見たりする癖があるので、すぐに用を足しに行く前に新聞受けに新聞を取りにいった。
 無かった。
ああ、そうか、まだ早いから来ていないのだな。
明らかに早すぎた。

いつも「大」のときに「新聞」
これはセットの習慣

たばこを吸っていたときはセット物が多い。
目覚めの一服
食後の一服
仕事の合間の一服

禁煙するとセットの一服が無くなるので
そのとき「吸いたい」気持ちが増幅されるのだ。

脳の中で「吸いたい気持ち増幅装置」のスイッチが入ると
それまでなんともなかったのに無性に吸いたくなったりする。

増幅装置のスイッチを入れない方法というのは
何度も何度も吸わない経験を繰り返すことだ。

考えてみるとたばこを吸ったときに脳に流れる快感物質って
ほんとうにわずかなものだ。
しかし習慣によってわずかな快感物質を脳に流すことが癖になる。
癖になるとやっかいなんだね。

もっとやっかいなのは
心がつらいとき
ストレスでいらいらしたとき
自暴自棄になったとき

こういうときの「吸いたい気持ち増幅装置」は安全装置が働きにくい
こういうのは習慣で解消しずらいのだ。
何度もやってくるわけではなく
突如としてやってくるから・・
そして「理性」という「安全装置」が壊れているか弱い状態なのだ。

それを解消するためには
「たばこは何の解決もしないこと」
「吸えばもっと後悔することになる」
「今の吸わない状態になるまでかなりの時間と苦労を必要とする」

こういうことを徹底的にたたきこんでおく

もっといいのは
心のはたらきとたばこを結び付けない境地に達すること
[PR]
# by harizakko | 2007-02-27 05:16 | 禁煙
てんびんの左右に「吸いたい」と「吸わない」
あっちにゆれたりこっちにゆれたり
「吸いたい」方が重くなったら、「吸わない」方におもりを乗せよう

つりあっていればそれでいい
無理に傾けなくても
自然にできたらそれでいい

「吸いたい」が軽くなったら「吸わない」も軽くてすむね

でもね「吸いたい」は無くなったりしないよ。
わずかな隙をねらって重くなる不思議な気持ち

だから「吸わない」は決してなくしちゃいけない
すぐに乗せれるように準備しておこう

吸いたいと吸わないはつりあっていたらそれでいい
あっちにゆれたりこっちにゆれたり

めんどうくさいがそれでいい
[PR]
# by harizakko | 2007-02-26 05:09 |

朝焼け

朝日がすがすがしい。
空気が冷たい。
田んぼに残る雪はかたゆき

犬とかたゆきの上を歩く

新鮮な空気

たばこ吸っていたときはこんなときにも
一服していた。
一服しながら
「あ~ たばこがうまい。きょうも1日がんばるぞ」
とか思ったりして
バカだね。

こんないい空気をわざわざけむたくして吸い込んでいたんだなあ。
もったいないよなあ。
d0037269_701086.jpg

[PR]
# by harizakko | 2007-02-25 07:00 | 日記

喫煙と禁煙

どちらが幸せ?
むろん、私にとっては禁煙しかないのだけれども

何にも知らないときは喫煙生活も悪いものではなかった。
でも、今、たばこの正体を知ってしまった今
喫煙は苦痛以外何者でもない。
たばこを吸って気持ちよく感ずるのは
ニコチン欠乏を補うときの禁断症状の回復の安堵感
脳に作用してドーパミンなどの神経伝達物質を流すニコチンの働き
いわば、薬物作用
本当の快感は
美しいものをみたとき
感動したとき
人のやさしさに触れたとき
認められたとき
自信を持ったとき
希望を見出したとき
そんなときに自然にわきあがる感情

それが本来の脳の快感
人間が生まれ持った自然な感情なのだ

たばこの快感を失うと
さみしいとかつらいとか思うけど
吸ったところで
気持ちのよくなる薬を注射していることと同じ・・

たばこはお手軽なドラッグだけど
それで気持ちよくなったところで
毒物を注入しているだけのことだから

まったく意味のないこと・・
[PR]
# by harizakko | 2007-02-24 07:06 | 禁煙

1ヶ月 達成

皆様の応援をお借りしまして1ヶ月達成しました。
最初の3日、いや1日目かな?
最初に告白してから、うそのように禁煙を続けることができました。
禁煙は心の持ちようなのだと思います。

1ヶ月達成は初めてではなく5回目ぐらいになるので
それほどの達成感はありませんが、
山頂をめざして山登りをして、途中のちょっと景色のいいところで
一休みしている感じ、
「ここまで、とりあえず来たか」ってなもんです。

ニコレットも早めに断てたので、前回よりは泳ぐのが速くなったのかな
ここまできて思うことは
やはり泳ぎ続ける必要性の再認識

さあ、泳ぎ続けるぞ!
[PR]
# by harizakko | 2007-02-23 05:15 | 禁煙