ハリザッコは命の泉で生まれました。でも、いつの間にか黒く汚れた海に迷い込んでしまっていたのです。ハリザッコは思いました。もう一度あのきれいな命の泉に帰ろう。ハリザッコの旅が始まりました。


by harizakko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ハリザッコの詩・・バックナンバーからその6

流れの速いときは

ハリザッコが命の泉へ向かう途中のことです。
大雨が降りました。2日2晩降り続いた雨で川は増水しました。
ゴーゴーと音を立てて流れるこの川に流されないものなど
何一つ無いようにも思えます。

ハリザッコはこんなときどうしているのでしょう。

川の底に・・あっ!いました。いました。
大きな石のかげに隠れるように
強くて速い流れを避けるように
流されまいと必死に泳いでいるハリザッコの
姿があります。

流れが速いとき,けっして無理してはいけません。
今は進む時じゃない,今は耐える時だ。
いつの間にかハリザッコは
強い流れをかわすすべを覚えていました。
どんなに力があっても,自然の強大さにはかなわないことを
知っているのです。

やがて,1匹の仲間がハリザッコの隣にやってきました。
「やあ,ハリザッコいい場所を見つけたね」
「うん,君もしばらく休んでいったら?」
「そうするよ」

雨があがりました。
増水した川の水も少しずつもとの静けさを取り戻しました。

あちこちの石のかげから仲間達が集まり出しました。
さあ 出発です。
歓声とともにたくさんの仲間が上流へと泳ぎ始めました


※タバコが吸いたくて吸いたくてどうしようもなくなったとき
 どのようにしてすごしているのでしょう。
  人、それぞれの方法がきっとあると思います。
 それを早く見つけるのが禁煙継続のこつであると考えます。
 流れをうまくかわす方法が見つかると楽になるでしょうね。
 流れとまともにぶつかれば流されてしまいます。

 大きな石の陰にでもかくれながら、やりすごしましょうね。
 ハリザッコのように・・・。

 
[PR]
by harizakko | 2005-12-28 22:34